2008年10月17日

左股川清掃

先日左股川でゴミ拾い+砂防ダムの魚道清掃を
仲間内で行った

砂防ダム上の魚道口は流木やヘドロで詰まっていて
魚が通れる状態ではなかった
更に川の水は砂防ダムからただ落下する方がメインの流れで
魚道方向へ流れ込む水量は僅かだった

その時は流木とヘドロをできる範囲で取り除き
石を積んで少しだけ魚道方向の水量を多くするにとどまったが
その後個人的にマーチブラウンさんが仕上げに行ってくれた

報告をいただいたので見に行ったが
最初の状態と比べてかなり改善されていた
そして土現に現状を報告したところ
水量確保の為に土嚢を積んでくれたようだ
a 015.jpg
これは砂防ダム上流部
最初は右側にほとんどの水が流れていたが
現在は魚道方向へかなり水が行くようになった

上の魚道口のビフォア(上)アフター(下)
a 147a.jpg
わかりづらいがヘドロが溜まることなく水が流れるようになった

下の魚道口のビフォア(上)アフター(下)
a 151a.jpg
これもわかりづらいが石が川底に沈んでいるので
魚道の水量が多くなったのがわかる

砂防ダムからただ落下する水量はかなり減った
a 007.jpg
平常時はここから水が落下しなければならない理由はないだろう

やはり魚道はその川のメインの流れでなければならないと思う
そうすることによって魚は容易に魚道口を見つけられ
遡上率もかなり上がると思われる

ただこの場所に関しては雪代や大雨などでまた流れが変わってしまう
可能性もあるので今後も気にしておきたいと思う






ラベル:砂防ダム  魚道
posted by TK2 at 07:58| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
来年の雪代後にもう一度必要ですね。
その時はぜひ!!。
Posted by hal30over at 2008年10月17日 22:19
hal30overさん

こんばんは
私もそう思います
近いので状況を見ながら連絡しますので
よろしくお願いします
Posted by TOKI at 2008年10月17日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック